離婚情報

【アメリカ離婚】離婚後のビザ(永住権 )について

  1. HOME >
  2. 離婚情報 >

【アメリカ離婚】離婚後のビザ(永住権 )について

離婚後ビザ(永住権)についてはどうなってるの?

とビザについてもどうなってるのか知りたいと思うので私が調べたことと体験したことを紹介します。

この記事はこのような方におすすめ

  • アメリカで離婚しようと考えているのだけどビザの件が気になる方
  • 離婚したら永住権がなくなるのか、どうなるのか知りたい方

こちらはYouTubeの動画にもしてます。音声で聞きたい方用👇

はじめに・・

まず、あなたが持っているビザ(グリーンカード)の有効期限を確認してください。

 

10年有効ものであれば問題なく離婚後もアメリカに滞在できるはずですが、2年間限定の「条件付き」の場合はちょっとややこしくなるようです。(2020年現在)

 

アメリカの法律はよく変わるのでどちらの場合にしても離婚手続き前に一度「移民弁護士」(弁護士も種類があり、取り扱っている問題が違います)に連絡をとり確認するとこをお勧めします・・・

 

(イリノイでは1回目の相談は無料な弁護士が多かったです。

とはいえ、場所によっても違うかもしれないので予約する前に弁護士に確認してくださいね。

(初回から有料の弁護士さんも もちろんいるので・・)

 

グリーンカードの種類について

条件付きグリーンカード Conditional Green Card

アメリカに来てはじめ2年間有効の条件付きのグリーンカードを申請してもらいます。

グリーンカードとはアメリカ永住権証明のカード。

2年間たつと10年有効のカードに更新します。

 

10年有効のカード:

これ以降は毎回10年ごとに更新となります。

(更新料金が年々上がってきているようで2019年の時点で更新料は540ドルでした!高!!)

 

 

離婚で影響するのはどっち?

2年もの、条件付きの場合は離婚するとグリーンカード保持の資格がなくなってしまいます。

条件付きのグリーンカードの場合は、とりあえず「移民弁護士」に連絡しましょう!

「どんなことができるのか?」相談してみてください。

 

個々のケースによって変わってくると思います(DVとかだと特別枠があるようです)。

3人くらいの弁護士に同じ質問して比べてみてください。

 

みな同じことをいうのであれば目安になると思います。

なぜ私がこういうのかって?いくら弁護士といえ、たまに違うこと聞いたりもしたからです・・・

相手がプロであってもすべて信用しないのがアメリカです!(苦笑)

 

★ちなみに私は離婚前に7人の弁護士と事前に話しました・・弁護士系の記事はこちらです↓

弁護士
【アメリカで「離婚弁護士」を雇った】体験談 メリットとデメリット!

続きを見る

 

 

10年ものをもっていたら問題ありません。

次の更新から自分ひとりで更新できます。夫が記入する項目はありません。

更新はオンラインでします。

 

しばらくすると移民局からこの日に来てくださいと手紙がきます。

その指定された日の時間に移民局に行き写真と指紋をとります。

 

面接等はもうありません。こちらはすぐ終わります。

それからしばらくしてグリーンカードが家に送られてきます。

といった流れになっていました。

 

でも発行(手元に届く)まで時間がかかります。

私は9か月かかりました。。これも地味にストレスですね・・・

私の情報源:

私の離婚弁護士が「離婚したらアメリカ人でないあなたの立場がどうなるのか分からないから移民弁護士に確認してほしい」と言われ確認。

 

その移民弁護士によると

「条件付きでないなら、離婚も再婚も問題ないよ!」

「条件付きだと・・・ちょっとめんどくさくなるね・・」

 

とのことでした。

 

さいごに・・

とりあえず、確かな答えが欲しい時は移民局に連絡するか(電話はいつもつながらないですが・・)移民弁護士に相談だけでもしてしてみてください。

 

あなたの持っているのが「条件付きのカード」のほうでしたら「移民」+「離婚」も取り扱う弁護士にお願いするとよいと思います。

 

思いの強さが役に立つアメリカですから!!❤

 

スポンサーリンク

-離婚情報

Copyright© ひかりUSA ブログ , 2022 All Rights Reserved.