アメリカ離婚

アメリカで離婚準備:行動編!なにからはじめればいいのか!

  1. HOME >
  2. アメリカ離婚 >

アメリカで離婚準備:行動編!なにからはじめればいいのか!

アメリカで「離婚準備」、行動編として何から始めればよいのか、軽く整理してみました!

 

はじめに・・・

準備の入り口から紹介します。考えることは多いのですがお金がないとはじまりません。離婚するにも新しい生活を築くにも必要なのはお金です!では実際どうすればいいのか、ここから簡単に見ていきましょう!

 

銀行口座 Bank account

あなた個人名の銀行口座を作ってください!ジョイント(共同名義)ではなく、あなたの名前だけの口座です!

 

注意点はアメリカは銀行によって、たとえばバンクオブアメリカなどは口座管理費(口座に常に決まった金額以上ないと払わないといけないお金)がかかるところがあるので費用のかからないところを探してください。

 

金利などのよいネットバンク等もたくさんありますが、離婚時なら「いざ」というときにすぐ行ける銀行がいいと個人的には思います。実際手続き上すぐいけて便利でしたので・・・家の近くにあると理想。

 

離婚書類で口座のコピーが必要になるのですが、それも支店にいければすぐそこでコピーを取ってくれます。(4年間の記録を弁護士に提出しないといけないのですが、友人はすべてコピーするのに家庭用コピー機で一晩かかったとか・・)家ですると時間とインク代がかかるこのコピー作業も銀行ならすぐ!

 

あと、電話だと担当者とつながるのに時間がかかったり、手続きに時間がかかったりする場合がアメリカでは多々あります。。

 

私の場合:

はじめはジョイント口座しかもっていなかったのでその同じ銀行に個人名で一つ作りました(クレジットユニオン)。でもその銀行、かなり保守的で他の銀行に送金する時、高めの手数料とか時間もかかるので違う銀行に口座をもうひとつ作りました。使いわけしながら使っています。

 

家を出た後「ジョイント口座」は元夫によって簡単に消されました!・・・・

 

クレジットカード Credit Card

アメリカはクレジットカード社会!現金だけでは「信用がたりない」と事が進まないことがあります。ちゃんとこの人はお金を返す人か?とクレジットカードの履歴がアパートを借りるときや車のローンをくむときなどにチェックされます。(持っているすべてのクレジットカードの情報が一括で簡単に確認できるようになっています)

 

なので今後の生活のためにも「あたなの名前だけのクレジットカード」が必要なのです!働いていない主婦でも夫の年収で申請してもらうことができます!(2019年時点)これも婚姻中にやっておいてください!!(無職や稼ぎが少ないと申請するステップと時間が増えます)

 

これを手持ちの銀行口座とつなげることになります。

 

★銀行口座を申し込む時一緒に「クレジットカードも申請できますか?」と聞いて一緒に手続きができるとほんとは手間なしです。

ミリタリー(軍)関係の銀行(Navy Federal など)とかだと軍人家族関係しか口座開けないとかで(信用があるのか)口座を開く時に一緒にクレジットカードも発行してもらえたと聞いたことあります(書類提出なし、軍の家族IDカード提示のみ、2019年時点の情報)

ミリタリー系銀行を利用できるかたは窓口できいてみるといいと思います! 離婚するとミリタリーベネフィトもなくなるので「今のうちに」です!!

 

私の場合

共同名義のクレジットカードを元夫からもらっていました。それで生活に必要なものを購入していたのですが離婚準備にあたり私用のを申請!(家を出た後元夫が一番先にしたことがこの共同名義のクレジットカードを止めたことです。)

 

はじめどうやってクレジットカードを申し込むかわからずとりあえず自分の使っている銀行へ行って申請したのですが「あなた(私)の稼ぎがすくない」と拒否されました(当時はパートです)。「あれ?オバマ元大統領が法律変えなかった?夫の収入で申請できるって聞いたんですけどー」と聞いたら「うちはあなたの収入でみるの!」と・・・ああ、残念・・(アメリカではルールがあっても対応する人や場所などで変わります

 

では、と今度はネット(オンライン)から違うクレジットカード社に申し込みました!今度はOK!!もちろん限度額は1000ドルで低かったのですがこれも使ってれば上がっていくのでとりあえずクレジットカード持つことが大事!ちまちま使ってしっかり支払いしてクレジットヒストリーを作っていきましょう!

 

ヒストリーのつくり方はとりあえず少額でいいので毎月しっかり使ってしっかり返すことです。よくわからないうちはとりあえず車のガス代のみとか、確実に全額払えるものがいいと思います。良いクレジットヒストリーをつくっていきましょう。クレジットカードの利息は結構高いです。気を付けてください。

 

ちなみに私のはこれです。 Citi のダブルキャッシュバックのクレジットカード!(VISAかマスターどちらか自分の好きほうを選びます)VISAかマスターなら全米どこでも問題なく使えるとおもいます!! もちろん年間費0!

選んだ理由は「キャッシュバック大好き!!」だからです。

 

クレジットカード申請するとき3か月で3000ドル以上カード払いとして使うと150ドルプレゼント!みたいなキャンペーンしてる時でした。よくいろんなカード会社で行われるキャンペーンです。「いまだけ」とか書いてあるますが大体いつもやってます。あせらなくて大丈夫です!(笑)

 

このカード、支払いができないと利息が23.99%と犯罪レベルで高いので気をつけてください。毎月使った分はしっかり払いきりましょう!残金なく全額払っている限りこの恐ろしい利息はつきません!

 

クレジットカードはたくさん持ちすぎるのもよくないようです。おすすめ枚数は2枚らしいです!

 

 

働くこと

とりあえず、パートでもシーズナル(催事)でも働ける状態ならどこでも、なんでもいいので「働けます!」と言って働きましょう!アメリカは経験を重視するので「(アメリカで)働いた」経験がその後の職歴に使えるようになっていきます!なにも職歴がないと仕事を得るのは難しいのが現状です・・・・

 

私の場合

元夫が私が働くことを望んでいなかったので(モラハラではよくある事例)表だって探せませんでした・・・そんな中、友達に「職を探してる」と影で色々伝えてました(笑)

 

そしたらしばらくして「友達が店を開けるので従業員探してる」と声をかけてもらい働かせてもらえることになりました!(最低賃金の時給8.25ドルの雑貨の売り子)元夫には「友達から頼まれたから」ということにして・・・

 

これがとりあえす第一歩でした!!友人に大感謝です!!

 

余談ですが、はじめ「8ドルで」と言われたのです「イリノイの最低賃金は8.25だよ」と伝えたら「OK、わかった」と。。。これまた「よくある」です。。

 

さいごに・・・

私も色々準備に時間かかりました。元夫に働くことでかなり意地悪なこと言われました(最低賃金のパートなのに光熱費や車の保険や医療保険払えとか)。。つらい時期でしたね・・でも仕事している時のほうが気がまぎれて救われました。。。

 

行動することによって色々な人に出会えます!!(少しずつでいいので)助けを求めてください! 声をあげる勇気さえあればその一歩から、はじまります!!👍🏼

 

-アメリカ離婚

Copyright© ❤国際離婚後のアメリカ生活ブログ❤ , 2020 All Rights Reserved.