アメリカ離婚

[アメリカ離婚⑯] 1時間250ドル!離婚カウンセラー/マリッジカウンセリングとは?カウンセリングの進み方と体験談!夫婦関係を修復したい意思がある場合、客観的(中立的)なアドバイスを欲しい時、にはいいかも?

  1. HOME >
  2. アメリカ離婚 >

[アメリカ離婚⑯] 1時間250ドル!離婚カウンセラー/マリッジカウンセリングとは?カウンセリングの進み方と体験談!夫婦関係を修復したい意思がある場合、客観的(中立的)なアドバイスを欲しい時、にはいいかも?

はじめに・・・

離婚するときに欲しいチームメンバー、「弁護士、会計士、カウンセラー」の3人を集めると最強!といわれるこのアメリカ・・

 

今回は離婚前、どうにか関係を修復したいカップル向けの「離婚カウンセラー・マリッジカウンセリング」に行ってみたのでその情報についてです。

 

アメリカの離婚カウンセラー/マリッジカウンセリング進み方

カウンセリングには色々種類があると思うのですが、「マリッジカウンセリング」は双方がまだ関係を続けたい、第三者の客観的な意見やアドバイスが欲しい時の専門家です。(なので、もし片方がもう離婚を心に決めていた場合あまり役にたたないかもしれません)

 

探し方医療保険が効く場合があるのでまず保険が使えるところをネット検索です。。そこで見つけたところに電話を入れて予約を入れます。

 

私の場合ははいつものyelp(アメリカのなんでも探せて口コミが見れるサイト。YELPとタイプして検索すると出てきます)そこで口コミ(レビュー)がよさそうなところに電話をいれ予約します。

 

当日:夫婦二人でいってみます(相手が嫌がるなら一人でもOK)

 

基本聞かれることは「今の状況はどうなっているのか?」「今後どうしていきたいか?」「相手に伝えたいこと(願うこと)」です。

 

で、カウンセラーから二人に合わせた?心を通わせるための宿題をもらって次回に続くといった感じでした。。。

 

2回目以降:宿題は出来たか?変化はあったか?などなど、です。。そして、次回用の宿題をこなしていきます。

 

 私の時はこの宿題、カウンセラーからの行動アドバイスで「毎日5分は(元)夫と一緒に話す」「1週間に1回は一緒に出かける」の2つでした。 

 

料金:1時間250ドル!! (元夫の医療保険適用で60ドルになりました)

(イリノイ州金額です。他の州はまた料金が違うかもしれません)

 

アメリカでマリッジカウンセリングに行ってみた私の例

初めは2人で行ってみたのですが、夫がいると意見の食い違いが多く時間が無駄になるので、すぐに一人一人別々で行くようになりました。

 

カウンセリングで気がついたことは「うんうんとカウンセラーただ聞いてるだけで250ドルっていいな」とか「問題は私じゃなくて夫だわ・・」と確信してくるだけでした・・

 

(実は私自身もカウンセリングの資格持ってます。もっとも私の場合は自分の心が闇すぎてとても人様をカウンセリングできる状態ではありませんでしたが・・)

 

とりあえず「夫が人の話を聞く能力がない」というのがよくわかったので、「話を聞く能力を上げてくれ!」ということになったのですがもちろん、直されるわけもなく表面上の宿題だけをこなしても関係は悪化・・・

 

カウンセリングは行かなくなりました・・(それでも3か月くらい通いましたけどね)

 

やることはやったのでしょうがないです。途中カウンセラーを変えてもらったりもしたのですが、私たちには効果はありませんでした。

 

はじめのカウンセラーはなぜあなた?というような若くて大きなダイヤらしき婚約指輪をした幸せそうな方。マニュアル通りの対応・・この幸せそうな方に夫婦の問題を話してほんと理解されてるのかな?と疑問に思い他のカウンセラーに変えてもらいました。次のマリッジカウンセラーは60代くらいの「人の悩み色々聞きました」みたいな方で色々話ました。。

 

個人的には占いのほうが好きです(笑)

 

 

アメリカのマリッジカウンセリングに行った効果はあったのか?

効果のある場合もあると思うのですが、私のケースは相手がDV夫でしたので無理でした・・(当時は私もDV夫とは気が付いていませんでしたけどね)

 

DV夫だったので話合いとかできないのです。第三者がいたらちょっとマシになるのかと夢みて挑戦したんですけどね。

 

いつも問題があると同じことを同じように話して時間だけが過ぎていく虚しさ。なにも変わらず(逆に悪化)そのうち彼が器物を破壊しはじめ 話合い終了・・・

 

相手に恐怖を感じたらその関係は健全でないです。・・

 

👇モラハラ関連記事です

[アメリカ離婚⑫] ドメスティックバイオレンス(家庭内暴力) モラハラ?DV?って普通の関係と何が違うの?簡単な赤信号チェックの仕方!!

[アメリカ離婚⑧] モラハラDV加害者との別れ方のコツ] 現金確保、離婚書類を渡すタイミング、情にながされない、メモ書きを見る!!

 

なので「お前が行きたいならいってやる」といった感じでしたが、それでも当時私は「どうにか修正できないか?」「なにか解決の糸口なるものはないか?」と願っていたので数回通いました。

 

離婚裁判開始届けを出した後、元夫は「マリッジカウンセリングにいこう!今回は違う!何故って今回は俺が悪いとおもってるからだ!」とか言っていましたね・・ほんとなに考えてるんだか・・時すでに遅しもいいとこです・・)

 

 

おわりに・・・

いかかでしょう?もちろん魔法の杖を一振りで直してもらうものでもないですが(だと嬉しいのですが)結構アメリカではカウンセリングは「よくあることとして」気軽にみなさん使うようなので気になる方は機会があれば試してみてもいいかもしれません。

 

できることはやった!と思えると次の出発時に悔い減りますから・・

 

[アメリカ離婚⑰] 離婚弁護士の費用はイリノイ州で1時間220-280ドル メリット/デメリット、体験談など!

スポンサーリンク

-アメリカ離婚

Copyright© ひかりUSA ブログ(アメリカ人と結婚そして国際離婚後のアメリカ生活ブログ) , 2021 All Rights Reserved.