アメリカ離婚

[アメリカ離婚⑫] ドメスティックバイオレンス(家庭内暴力) モラハラ?DV?って普通の関係と何が違うの?簡単な赤信号チェックの仕方!!

  1. HOME >
  2. アメリカ離婚 >

[アメリカ離婚⑫] ドメスティックバイオレンス(家庭内暴力) モラハラ?DV?って普通の関係と何が違うの?簡単な赤信号チェックの仕方!!

これってモラハラ?アメリカではDV(ドメスティックバイオレンス)っていうの?DV(家庭内暴力)って普通の関係とはどう違うの?なにが「普通」なの?

はじめに・・・

夫婦の中である口論、喧嘩、罵声・・・そんなのどこだってあるじゃん?。みんなこんな感じよね?・・と思っていると思います。

 

でもね、簡単な赤信号チェック!!

 

その関係に危険を感じたら(相手に恐怖を感じることがあれば)それはもう健全な関係じゃないです!!!(米軍基地内のチラシに書いてありました。軍の家族の中でもDV離婚は多い理由らしいです。)

 

たとえば、配偶者(又は彼氏、彼女)が部屋のドアを開けたら「怖い」と感じるなど・・

 

えええ?と思ったかたはお読みください。。。

 

 

 

DV(ドメスティックバイオレンス)とは?

DVについてはおそらく体験した人にしかわからない闇があると思います。

 

何故かというと、ちょっと彼ら(DV加害者)の思考回路が私たちの考える「普通」と違うのです。はじめは小出しに出てきて、「え?今なんて言った?」「なんでそういう思考になるの??」とか悪い意味で驚きの連続!

 

彼ら(DV加害者)の価値観が「妻(配偶者)は俺のもの(所有物)」ってことなんですよね。。

 

切羽詰まってDV被害者(あなた)が周りに相談してみても、DVに縁のない方はおそらく常識的に「みんなそうだよ」とか「あなたの我慢がたりない」とか「一人でいきるのは大変だから一緒にいたほうがいい」とか、たぶんあなたの想像範囲内のことを言うと思います。(私も言われました。母親や特に年配の方がたから)

 

だから余計に迷って頑張ってしまうのです。。。「そうだよね、私もそう思うんだよ・・みんな何かしらあるけど頑張ってるんだよ」と・・・

 

でも落ちるところは「底なし沼」です。深みにはまるとたぶん自力で上がってこれなくなると思います。いつかはDV加害者に対して逆らう気力を奪われてしまうから・・・残るは「抜け殻な人生」・・・

 

すごい怖いことだとおもいます・・

 

しかし、これはこれで「抜け殻人生」を受け入れてしまう方々もいると思います。

 

人生は選択ですから・・・

 

ということで、一般人にはDV被害は理解されないとして、やはり専門の本を読んだり、体験者に話を聞いてもらうほうが「心」が落ち着くと思います。

 

自分が「おかしい」と感じている感覚を信じてください!

 

アメリカではDV被害者は結構たくさんいるようです。私の場合も離婚経験者5人に声をかけたら3人はDV経験者でした

 

私が読んだDV専門の本(日本語+英語むざぼるように10冊以上は読みました)の中では「DV・虐待加害者の実体を知る 著者 ランディ バンクロフト」がぴか一に内容の濃い本でかなりおススメです!!(アマゾンで購入できます。4000以上のレビューに4.5以上の高評価!)

👇ポチるとアマゾンにワープ!13.99ドル(英語レベルはそんな難しくなく読みやすいです)

Why Does He Do That?: Inside the Minds of Angry and Controlling Men

 

日本語版、英語版ありますが私は両方読んでみました。英語版には元夫が言ったセリフのいくつかがその通りに書かれていて「彼、この本から出てきたの??」(DV加害者学校卒業生??)というくらい、かなり驚きました!!

 

DVで悩んでいる方なら絶対私と同じ発見をするとおもいます!!それくらい「パターン化」されているようです。

 

ちなみにこの本のリビューもリアル感たっぷりでみんなすごいです・・やばいです・・DVってこんなありふれているのですか?という疑問すらわいてくる勢いでした!

 

バンクロフト,ランディ

DV加害者専門カウンセラー、臨床スーパーバイザー、監護権評定者、子ども虐待調査官などを歴任。米国マサチューセッツ州にて1000人を超える加害者のケースに関わる。他にもDVがある家庭に育った10代男子のためのグループ活動を行なったり、女性の人権問題などでも精力的に活動

 

 

身体的DVとは?

有名な「殴る蹴る」ですが、なぜ起こるのか?

DV加害者は自分はあなたにそれをしてもOKだ!と心の中で思っているからです。あなたを所有「物」だと思っているから。女性軽視、男尊女卑など)

 

はじめは腕を振り上げるふりなどからはじまり、物を投げたり、壊したり、ジリジリその行為が貴方に近くなってきます・・・

 

私の場合は元夫は顔をたたいても「軽くだからジョークだ」といいはってました。それに私が異議を唱えると逆ギレしてました。。このあたりは屑でどうしようもなかったです・・

 

でももし、彼があなたやあなたの子供だけでなく回りの一般人(彼の上司や同僚、近所の人達)にもそのような行為があるならDVとかではなく何かしら精神上の障害(自己愛性人格障害など)を疑っていいと思います。(おそらくこの場合離婚する時もっと大変・・・)

 

精神的DVとは?

威嚇、脅迫、罵るとか、あなたの身体に当たらない程度の器物破損行為など。。。ジワジワ恐怖で支配していこうとします。心が壊されます。

 

DV加害者は自分が言ってる言葉に対してなーんとも思ってません。都合悪ければ後で謝ればいいと思ってるし、壊した物も買いなおしたり直せば元通り!と思ってます!

 

元夫の場合は物を投げたり壊したりしても「俺が支払った物だから(それが私が使っているものでも)いいんだ」と言ってました。。

 

実際数日以内に謝罪の言葉「ごめんよハニー」と破壊したものをグレードアップして買いなおして私に渡してました。「ほら、これでいいだろうーより良いものかってきたよー」と・・・

 

壊れてきた私の心は見えないので気が付かなかったようです。

 

あと、だいたい後で「ごめん、あれは本気じゃなかった」とかよく聞くセリフだと・・心あたりありませんか??

 

経済的DVとは?

お金の管理をして束縛。お金を配偶者にわたせるのに渡さないとか仕事の制限など・・

 

私の場合だと「買ったものを見せろ!レシートみせろ!こんなの必要ない!」とか「働くな!」とか。

 

お金があるのに配偶者にお金を渡さないのはSupport Obligation :Criminal Non Support statuesによって罰されます。この法律が使えるかチェックしてください。

 

とある日元夫は私が3ドルのお皿を買ったらとても怒りました。同じ時期彼は2000ドルの買い物をしてました。こんな感じでDV生活は理不尽だらけです

 

性的DVとは?

性の強要。加害者のために妻がいると間違った認識を持っている。

 

元夫の場合だとこんな感じです

「なんで(妻がHを機前よくしないで)俺がおあずけ状態になるんだ?(俺の物であるはずの彼女が)俺をコントロールしている(怒)」

 

という彼の価値観にビックリしたことを覚えています。はじめ何を言っているのか分かりませんでした。

 

「おあずけってなに??なんでそのような思考になるの??」と・・(DV加害者にはよくある考えらしいです)

 

又は

「性生活のない生活なんて結婚する意味がない!できないならお前はもう妻でない一緒にいる意味ないな!(遠まわしに離婚をちらつかせる)」

 

 

自分専用の愛玩具を買う契約を結婚だと思っている人なのかしら?と絶望しました。。。

 

DVサイクルパターンとは?

DVにはサイクルとパターンがあります。いつも同じパターンなので予想ができるのです。

 

1・感情をためる期(我慢している)なんかピリピリしている時期。

2.爆発期(怒鳴ったり、破壊行為など、加害者のストレス発散時)

3.ハネムーン期(爆発して、ああスッキリ、優しくなる時期)

 

このパターンの繰り返しです。

DV加害者のこの1から3のループにはまると脱出するのもかなり大変になります

 

何故かというと、厄介なことに「ハネムーン期」があるたび希望をもってしまったりするのです・・・恋愛がはじまった時のような優しい彼に戻る(ふり)をするのです。花束を贈ってきたり、おしゃれなディナーに誘ったり・・・

 

ああ、やっぱりこの人は本当は優しい人、とあなたはそっと目を閉じようとするのです(現実逃避)。

 

でもそれはマヤカシ。妖。ただの幻想なのです・・

 

「悪かった!もうしない」って言ってハネムーン期に入り、しばらくするとまた100%絶対同じことが起きるのです・・・

 

私も何年も同じパターンだったのに・・・意外と気が付きませんでした(体験談)・・

 

気持ちを正常に保つには・・

希望です・・ここまで(あと何年)頑張ってみてダメだったら離れよう、とか今動けないなら何年後かに、という希望・・・

 

これがないと気力すら取られてしまいます。「もう、だめ、どうでもいいや」と思ったら鬱や自暴自棄とかになっていくと思います。果ては「ぬけがら(廃人)」あたりでしょうか?

 

見えない心の傷は時間がたてばたつほど、深くひどくなっていくと聞いてます。(私はすっかり男性恐怖症です。男性の大きな声が怖いです。。。)

 

相手がDV加害者だとわかったらできるだけ早く離れたほうがいいと思います。なかなか簡単に価値感が改善するものではないらしいですしあなたへの被害がどんどん悪化のしていくようです。

 

私も結婚7年目くらいから物を投げられ、9年目で状態はひどくなり、物が2か月に1回は壊されるし、手持ち現金あらされたし、10年目となると元夫が飼い犬が吠えると言って犬を蹴る回数があきらかに前より増えていきました(もうめちゃくちゃ)

 

いずれは私が犬のよう元夫のせいで足を引きずる日がくるのも時間の問題だな。。と恐怖を感じました。

 

元夫は飼い犬を子犬の時から飼っていて大好きといってました。(昨年犬はなくなったのですが彼、悲しすぎて他に犬はもう飼えないといってると共通の友人から聞きました)あんなに蹴りつけていたのに・・・・・

 

ランディさんが言うには、この手の「危険」という人間の直感は当たるらしいです!!

 

私も壊れた心を癒すことを優先してます。

 

なにか自分でできないか?とレイキを習ってみました。↓に記事つけておきます。

[レイキヒーリング] 霊気とは?治療?自分でできる簡単な癒し技!レイキは動物にも効果あり?愛猫も好きみたい!

 

さいごに・・・

私は良い人間関係はお互いを敬う、親しき仲にも礼儀あり!とか必要だと思うのですが彼ら(DV加害者)にはあなた(所有物)に対してそれはないです(他の人にはあるかもしれませんが・・)

 

相手は変えれません、でも自分は変えれるのです!

 

心を取り戻して、あなたにふさわしい人生をですよね!!

 

[モラハラDV加害者との別れ方のコツ] 現金確保、離婚書類を渡すタイミング、情にながされない、メモ書きを見る!!

 [アメリカ離婚⑬] 2020年版 国際離婚後の日本国大使館(領事館)に送る書類の流れ  体験談からの豆情報!!

 

スポンサーリンク

-アメリカ離婚

Copyright© ひかりUSA ブログ(アメリカ人と結婚そして国際離婚後のアメリカ生活ブログ) , 2021 All Rights Reserved.