アメリカ離婚

[アメリカ離婚⑧] モラハラDV加害者との別れ方のコツ] 現金確保、離婚書類を渡すタイミング、情にながされない、メモ書きを見る!!

  1. HOME >
  2. アメリカ離婚 >

[アメリカ離婚⑧] モラハラDV加害者との別れ方のコツ] 現金確保、離婚書類を渡すタイミング、情にながされない、メモ書きを見る!!

モラハラDV加害者との別れ際のコツ(体験編)現金確保、離婚書類を渡すタイミング、情にながされない、メモ書きを見る!!などDV加害者との別れ方には注意が必要です・・・

 

まずは「絶対別れる!」と覚悟を決めましょう!これがないとできることもできません。

 

あとは情に流されないようにするコツなど、私なりに工夫してみました。

 

はじめに

DV(ドメスティックバイオレンス)は殴る蹴るの身体的行為だけではありません。精神的(暴言、無視、行動の束縛)や性的暴力(望まない性行為)経済的暴力(配偶者にお金を使わせないようにするなど)があります。

 

簡単に言うと、彼らの中に「女性軽視」があり配偶者を「自分の所有物」と認識するのでこのようなこと(DV)がおこるとDV専門家といわれる人たちがたくさん本に書いています。潜在意識に盛り込まれているので本人も自覚はないし、直すのも至難の業だそうです・・・

 

アメリカも残念ながら、よくあることなので相談はしやすいと思いますが(私も相談に行きましたが)「いざ、となったらここ(シェルター)に連絡してね」といった感じで話は聞いてくれるけれど解決はできません。状況を解決できるのはあなたの勇気だけだと思います。

 

DV加害者・・日常的によく言う言葉・・・

DV加害者はよく日常的に「離婚してやる」だの「出ていけ」だの言ってくると思います。でもしばらくすると「ごめん、本気じゃなかった」「愛している」などいったりプレゼントを買ってきたりして自己弁護に入ります。基本よくわからない「マイルール」で生きています。

 

ランディ・バンクロフト先生の書いた日本語版「DV・虐待加害者の実態を知る」(また反英語版:Why Does He Do That ?)を読んでおくことかなりおススメします。

DV加害者の罠に陥っていた自分に気が付きます!

DVの本は何冊も読みましたがこの本が一番DV加害者について詳しくたくさん書かれていて理解がすすみました。

 

相手との関係に恐怖を感じたらその関係はもう健全ではないです!とDV対策のチラシに書いてありました。

 

私が家を出た後のDV元夫の反応・・・経済制裁対策の現金確保

経済制裁がくるかもしれません。できるだけ現金確保してください!私は夫婦共同口座にいくらあるか事前に確認してから家出翌日早々に銀行にいき現金を下ろしました。

 

裁判はじめると1-2か月後くらいにテンポラリーオーダーというのをだして相手から生活費を受け取ることができるようになるのですがそれまでは有り金で生活です。+弁護士費用もかかるのでお金はあればあるだけ安心です。

[アメリカ裁判離婚手続きと進み方!] 2019-2020年版:弁護士利用、体験談から知る豆情報!

 

私の場合は家出後の手紙を読んだ元夫「わかった!お前がそう(別れたいと)決めたならそれでいいよ」といってすぐさま共同のクレジットカードと私の乗っている車の保険を止めました。

 

クレジットは予想していましたが、車の保険を解約されたのはびっくりしました!え?これ止める?命にかかわることじゃない??危ないじゃん私?と!

 

すぐ弁護士に連絡してから車の保険会社に連絡して私の名前で保険を更新しなおしました。

 

車の保険会社側にはこのようなことは、よくあることみたいで手際よく手続きをしてくれました。とはいえ、車の保険のこと私がわからなすぎて2時間くらい電話していたと思います。途中で日本語の通訳さんもつけていだたきましたが車の保険のことがわからな過ぎて手に汗にぎりました・・

 

 

私から離婚書類送付、タイミングは慎重に!

離婚書類送付の時期は慎重に!!できるならその場にいない!

 

私が家を出た後(引越し) 弁護士に連絡して離婚書類を送ってもらいました。逃げた後でないと彼が逆上して破壊行為をするのが目にみえていたので同じ場所にいたら危険と判断しました。

 

DV加害者は別れ際、暴れる確率高めです。友人も数名別れ際、けっこう危険な目にあっています。

 

重要なことは情に流されない!!

必ず「やりなおしたい、愛してるんだ」攻撃に入ると思います!基本は強い心で無視!連絡はメールでOK! 会ったり、直接話たりしないこと!

 

かつて愛した人、いい思い出もあります。

 

そんな彼が捨てられた子猫のように小さくなり、あなたの目の前で目に涙をためながら謝る姿をみたら気持ち間違いなくゆらぎますよね・・(たとえ後でその子猫が寅になって貴方を食べてしまうとわかっていても・・)

 

だから会ってはいけないのです!!!

 

私の例ですと、家出するときに手紙を残しました。居所は探すな、連絡はメール以外受け取らないと・・・

 

元夫・・・「離婚書類がきたよ。これ保留にできないかな?俺、関係を修復するためになんでもするよ!」

 

「ごめん、本当にわるかった!もう2度と君が嫌がることはしないよ。もう一度チャンスをくれないか?やりなおしたい!愛しているんだ!」(これこそDV加害者の基本会話集)

 

「〇〇の日だからディナーを一緒に食べに行こう」など・・は??

 

こんな形のメールが毎日何通もくるのですがたまに

 

「君の態度は大げさなんだよ。仕返しでやってるんだろ。気が済んだら色々見えて(戻って)くるさ」とか言った本音丸見えメールも混ってしまうこともあります。

 

彼がどんなやばい人間か証拠として裁判で出せるようにメールのみやり取りはOKにしてました。1週間くらいすると内容に変化がなくなってきたので

 

「もうこれ以降のあなたからのメールは弁護士に回すね」と返信を送ったら止まりました(笑)

 

★DV加害者は自分より立場の上の人(弁護士、警察、彼より役職の上の人)にはすんなり従うので彼らを味方につけることを強くおすすめします。連絡のやり取りも弁護士に任すことができます。

 

[アメリカ離婚⑰] 離婚弁護士の費用はイリノイ州で1時間220-280ドル メリット/デメリット、体験談など!

 

甘い言葉対策 メモ書きをみる

今までやられたこと、言われたことをメモ書きに書いて壁にはっておくか、いつでも見れるところに置いておくといいと思います。

 

私は情がでて「(もしかして)やりなおせないかな?」と思った時、「今までの暴言リスト、つらかった経験の記録」などよく見返してました!

 

それを読むと我に返ります!!!絶対無理!!やりなおせないからと・・・ここで頑張らないと必ず後悔する、と・・・

 

だいたい客観的にみるとかなりひどい仕打ちを受けているはずですので効果抜群です!!!

 

さいごに・・・

いかかでしょうか?別れる!と覚悟を決めること前提ですが、パターン化されて攻撃してくると分かっていれば、そんなものかと対処もできるのでは?と思いました。

 

とはいえね、頭でわかっていても心がついてこない時、なんだかわからない不安が膨らむ時、ノートをひとつ用意して、思ったことを、ひとつひとつ言葉に書いて整理していくといいかもしれません。。。(ブログもいいと思います)

 

離婚1年たって振り返って思うことは、ほんとあの時覚悟を決めて行動してよかった!

 

ドアが開く音におびえず安心して夜寝れることがどんなに素晴らしいか、色々な感覚がゆっくりゆっくり戻ってくると同時にずいぶん私は委縮して奪われていたんだな・・と・・

 

今の自由に乾杯・・・・

 

[アメリカ離婚⑨] 離婚後は日本へ帰る?アメリカに残っている理由は?アメリカ生活のメリット、デメリット?

スポンサーリンク

-アメリカ離婚

Copyright© アメリカ人と結婚そして国際離婚後のアメリカ生活のりきりブログ , 2021 All Rights Reserved.