アメリカ生活

【初心者体験談】Shopify(ショッピファイ)Dropshiping(ドロップシッピング)むずかしい!

  1. HOME >
  2. アメリカ生活 >

【初心者体験談】Shopify(ショッピファイ)Dropshiping(ドロップシッピング)むずかしい!

グーグルアドセンス審査に落ちまくっていた時Shopify(ショッピファイ)という物販ビジネス「ドロプシッピング」に挑戦してました。。

落ちまくる審査
【Googleアドセンス審査】体験談 40回落ちて合格するまで!!

続きを見る

簡単にわかりやすくどんな感じだったのか初心者目線で説明していきます!

 

(この写真は私のお店のファーストページでした👇)

この記事はこのような方におすすめ

  • shopify(ショッピファイ)がどんなものか簡単に知りたい方
  • Dropshippingのメリット、デメリットなど知りたい方
  • オンラインショップを立ち上げるってイメージを膨らませたい方

 

ドロップシッピングとは?

「ドロップシッピング」とはオンラインで物を売る物販です。

せどりやアマゾンで物を売ったり、ヤフーオークション、EBAYで物を売るのと似てるけどそれよりもっとビジネス(システム)化してます。

 

Wikipediaより引用

ドロップシッピングとはネットショップで注文が入った時点で、それをメーカーや卸売り業者(以下、ベンダー)から直送させるネットショップの運営方法の一形態である。ユーザー側のネットショップでは商品提供業者の卸値に自由に上乗せをして販売し、差額分がネットショップの利益となる。ネットショップは注文を受け次第、注文情報をベンダーに転送することで商品の発送を代行してもらうことができる。

ユーザー側のメリット
  • ユーザー側は在庫を持たずにネットショップを開くことができる。
  • ベンダー側が用意している商品説明文や、商品画像などを利用できる。
  • 発送作業をベンダー側に代行してもらうことができる。

👆メリットしか書かれてなかった・・(笑)

 

簡単にいうと、商品の在庫を持たずに物を売ることができるお店をインターネット上で持てるってことです。

 

Shopify(ショッピファイ)とは?

いくつかのドロップシッピングプラットフォームがあってshopify もそのうちの一つです。

上記写真のような店がつくれます。(私の当時のぼったくりショップ)

 

よくSpotify(スポティファイ)に間違われるようですが、 Shopify (ショッピファイ)です。似すぎ!

 

ブログでいうワードプレスみたいなものでアレンジ自由ですが利用料金が29ドル月々かかります

shopifyフラットフォームを利用すると物販の裏方作業(カード支払い、注文、配送)が簡単にできるようになります

 

自分でどの商品を売るか、見つけてきて自分の店に紐付けすればいいのです。

 

自分で打倒だと思う値段をつけれます。

もちろんオリジナル商品などつくって売ることも可能です。

 

めちゃめちゃ簡単にいいましたが売れる商品を見つけるのかすごく大変です。

Shopify(ショッピファイ)メリット

Shopify(ショッピファイ) 月29ドル(はじめの14日間は無料キャンペーン中)

 

Shopifyを利用すると無料でOBERO というサービスが受けれます。

OBEROはなにか?というと。ショップの裏方を担当してくれるサイトです。

 

カード決済やaliexpressから発注発送などをボタン一つで楽に管理してくれます。

中国のサイト「aliexpress」の中から自分で選んだお店の商品をボタン一つで自分のお店につなげることができます。

 

お店や商品の選び方は大事で同じ写真、同じ商品ばかりの中から評価の高い店や商品を探していかないといけません。

試し買いとかもして確認してました。

 

OBEROはそれ以上に「Shopifyの使い方や稼ぎ方」など物販で必要な知識を無料で教えてくれるビデオコースがついています!!

このビデオレッスンコースがすごくいいです!!

 

ステップバイ ステップでとても丁寧に教えてくれます。

レッスンに沿って作りあげていくだけでとりあえずっぽい物が作れます!!

 

Shopify(ショッピファイ)デメリット

商品が届くのに時間がかかる(配送が遅い)

中国のサイト「aliexpress」から商品を選んで中国から発送するので商品到着までの時間がアメリカまでだと4-5週間かかりました。

 

私が挑戦した時はちょうどコロナ禍だったので時間がかかってますが、その前は3週間前後で発送出来ていたらしいです。

とはいえ、2022年現在でも「aliexpress」を使うと5週間くらいアメリカに到着するのにかかっています。

同じ商品ならアマゾンにかないませんね。

 

もちろん自分で在庫を持てばすぐ発送できますが・・・

そうすると在庫を持つことになってしまう・・・

 

とりあえず、私は「アクセサリーなら置き場も困らない」と試し買い5個購入して出店してましたが売れませんでした。

 

Shopify運営の問題点

これまたブログと似ていて「誰にも気が付いてもらえない」ってことです!

なので広告などにお金をつぎ込んで宣伝しないといけないようです。

 

自分で週いくら、と金額を決めてFBやグーグルなどで広告を出します。

その広告費用が月だいたい200-300ドルという見積もり、

 

他にもその発送の時間を短縮するアプリ(U-droppyなど)を入れるなどすると月の便利アプリ代が50-100ドル

 

Shopifyだけなら月30ドルなのですが、お店で利益を上げるにはそれだけではとてもカバーできないらしく、色々見積もりつけると大体運営費が月に500-750ドルかかる計算でした。

 

1か月分の内訳メモ

Shopify 29ドル

広告費 200-300ドル

商品のサンプル買い 50-100ドル

プロ写真(product photos) 200-250ドル

便利アプリ 50-100ドル

合計本気の運営費 約500-750ドル

売上目標 1000ドル

 

ドロップシッピングに役立つその他のサイト

E-COMHUNT  と Gloogle trend  と Delta Tracer

この3つあたりを使って「今なにがトレンドか」チェック(無料でも見れるけど制限有)

 

これもブログとにててほんとリサーチリサーチです。。。

 

GoDady

ドメインが必要なのでここから買いました。

ドメインが一番安かった(でも色んなプランあり)

 

 

shopifyドロップシッピング無料で学習

ドロップシッピングをやるならYouTuberのEcom KINGさんがすごいです!👇

https://www.youtube.com/c/THEECOMKING

ちょっと英語で早いけと止めながらみてました。

情報量すごく多いです!(4時間半)

 

ホントすごい!圧巻でした!!

 

★OBEROは基礎でECOM-KINGは応用って感じです

 

Shopifyをつかったドロップシッピング:結論

初心者なら正直アマゾン物販の方がアマゾンの認知度が高いのでやりやすいと思います。

 

でもある程度物販をしている方だったらチャレンジする価値はあるんじゃないかな?と思います。

自由度が高い!!(アマゾンのように規制がない)

 

うれる商品をあてれば面白いように儲かるようです。

自分で商品も作って売るなどのネームブラント化もしやすい)

 

物を売ることにときめく方には挑戦する価値があると思います。

色んなやり方があって夢が広がりやすいと思いました。

 

私は物販サーチにときめきを感じなかったんで撤退しました。・・・

スポンサーリンク

-アメリカ生活

Copyright© ひかりUSA ブログ , 2022 All Rights Reserved.