アメリカ生活

【アメリカ自転車の購入方法3つを比較】メリットとデメリットは?アメリカ自転車生活の現実!

  1. HOME >
  2. アメリカ生活 >

【アメリカ自転車の購入方法3つを比較】メリットとデメリットは?アメリカ自転車生活の現実!

今回は大人息子のアメリカ自転車生活編です。

昨日駅に止めておいた彼の自転車がこわされてブレーキが効かなくなりました。

 

この記事はこのような方におすすめ

  • アメリカで自転車を盗難されてめげた方(仲間います)
  • アメリカで自転車を買いたい!と思っている方
  • アメリカの自転車事情に興味がある方

息子は自転車と電車で通勤しています。

そう、先日あの脳震盪を起こした息子、これからCTスキャンをとりにいくあの彼!

脳震盪
【体験談】:アメリカで脳震盪(のうしんとう)?倒れた後どうなった?どうするべきだった?

続きを見る

医者へ行く
【体験談】アメリカで脳震盪を起こして医者にいったら・・

続きを見る

次の事件を持ってきました!

 

アメリカの自転車事情!

アメリカで自転車の盗難はよくあることです。

なので彼の自転車は正直、昔からよく盗まれたり壊れたりしてます。

 

どこに止めていても、鍵がついていても、外なら盗まれる可能性があります

なので高い自転車をもっている方々は家の中(ガレージとか)にしまっています。

アメリカで自転車が壊れた場合

自転車が壊れたら自転車修理店に連絡して直すことができます。

yelp(なんでも探せるオンラインサイト)で「bike repair 」など入力して出てくる店に連絡をいれます。

 

私のように自転車を店まで運べない(車に入らない)場合は来てもらうサービスがあるか聞いてみます。

私が連絡したところはありました。

 

前回自転車が壊れたとき修理屋に連絡して見積もり取ろうかな?と思ったんです。

でもたまたま友人がみてくれてその時は修理屋使いませんでした。

 

なので料金分かりません。

 

修理の相場も分からない場合はボッタくりし放題だと思いますので事前の口コミ(review)で全うな店か確認したほうがいいです。

 

そうえいば、私は正直自転車を修理屋にだしたことはまだありません。

修理屋に出すと直すのに日数がかかるってことで大体実店舗で即日に購入してます。日常使いなので・・

あといくら費用がかかるか分からないのなら100ドルくらいで買った方が早くて簡単!という考えです。

 

 

アメリカで自転車を買う

アメリカで自転車を買う方法は主に3つあります!

 

①自転車を実店舗で買う

メリット

実店舗の良さは何といっても実際触って見れる、乗れるってことです。

(ブレーキや乗り心地をチェックできます。)

その日に自転車を手に入れることができます。

 

デメリット

難点は自分で運ばないといけない、つまり自転車運ぶ車が必要!

(近所なら乗って帰ることもできるけどそもそも近所に店がない場合はきつい)

 

という理由で事前に車で自転車を運べる小道具をUSアマゾンで購入してます👇

Allen Sports Ultra Compact Folding 2-Bike Trunk Mount Rack, Model MT2-B

私が購入したときは70ドルくらいしましたが、今(2022年)2月は45.5ドルになってます。

 

初めて使ってみましたが結構しっかり固定できて無事家まではこべました。

装着時間も慣れてない状態で10分くらい(慣れたら5分くらいで出来ると思います)

 

 

前回安いのもを買って装着が難しくてあきらめた経験があります。

なので今回はー女性でもできる、簡単、ってことをポイントに調べて買いました。

 

とはいえ、自転車を持ち上げるので息子と二人で協力しました。

 

買ってよかった・・・

注意点

レシートは保存しておきましょう!

問題があったら返金してもらえます。

 

実例

ウォルマート

おそらく一番安く買えると思います。

昔は60ドルくらいから購入できたそうですが、今は最低でも89ドルからでした!(子供用)

でも平均して値段があがっていて大体が130ドル以上がほとんどでした!

 

ターゲット

こちらも自転車ありますが、最低金額がおそらく120ドルくらいからでした。

(なので私たちはウォルマートにいきました)

 

②自転車をオンラインで買う

アマゾンで自転車を購入したことがあります。

 

メリット

ドアの前まで届けてくれる!

これが最大のメリットですよね!!

 

デメリット

パーツが箱の中に入っているので自分で組み立てないといけないのです。

知識のない人が自転車組み立てるってちょっと危なくない?と思ってます。

 

実例

なので私はほとんど組み立て不要の「折り畳み自転車」を購入したのです。

ほんと実際ペダルをつけるだけとかかなり簡単でした。

 

230ドルくらいしました・・・

そういえば、オンラインで自転車の詐欺サイトにあったこともありました👇

詐欺サイト
【騙しテク】 体験談 アメリカのネット/オンラインの詐欺サイトはこんな感じ編

続きを見る

③自転車をリサイクルで買う

リサイクルショップなどにたまに自転車も売ってます。

メリット

安く買える。

デメリット

多少汚い(笑)

運がよくないと見つからない。(いつもあるものではないです)

 

実例

2-3回くらいリサイクルショップから購入したことがあります。

動けばいい、みたいなそんなノリです。

 

値段は60ドルくらいでした。

なんかすぐ壊れたような気がします。

 

自転車が悪いのか、息子の乗り方に問題があるのか?よくわかりませんが・・・

 

アメリカで自転車生活のコツ

どこに乗っていくか?だと思いますが、正直防犯は防ぎきれない状態だなと感じますね。

鍵とかついていても息子のように線を切られたり、いやがらせ受けたりします。

 

ポイント

高い自転車だと盗まれる→ 手ごろな料金の自転車買う(それでも盗まれる)

治安が悪い場所だと盗まれる→ 治安の悪いところに自転車でいかない

運が悪いと盗まれる

 

以上

出来ることは限られていると思いますので「そんなもんか」と思うしかないかもしれません。

 

私の友人では数名車も盗まれてます。

「え?どうやって??」と思うのですが色んな方法があるようで・・・

 

朝仕事に行こうと思ったら車ない、とか??

盗難届をだすと数時間くらいでどっかからボコボコの状態ででてくるようです。。

 

アメリカ自転車生活の結論

日常使いはもう消耗品扱いで「数か月したら壊れる 又は なくなる」と理解した上で購入だと思います。

 

じゃ車は?と思うかもしれませんが息子のように若いと車の保険代が月安くても100ドル以上はします。

それよりは「自転車購入費のほうがやっぱり安いよ」ねと気休めをいうしかないです。

 

というわけで今回の自転車は98ドル

完全に(息子が)値段で選びました。

 

大人用だと最低金額が128ドルからだったので少し車輪が小さい少年用です。

でも前回の折り畳み自転車(city bike)の車輪も20インチで同じサイズなのでいいか、という感じです。

 

息子:

盗まれないようにピンク色にしようかな?

とか真剣に言ってました。(笑) でも

「娘用にってそれでも盗まれるんじゃないの?」
と・・

 

どれくらい持つか期待です!

 

スポンサーリンク

-アメリカ生活

Copyright© ひかりUSA ブログ , 2022 All Rights Reserved.