アメリカ生活

【アメリカ生活⑭】職場や人間関係に不満を持った時にできること。味方をつけよう!社内異動成功!

  1. HOME >
  2. アメリカ生活 >

【アメリカ生活⑭】職場や人間関係に不満を持った時にできること。味方をつけよう!社内異動成功!

はじめに・・

今回は珍しく職場でのことについて書いてみました。職場の不満編です。不満解消体験になります!

 

私はとある販売店で働いています。コロナで配属された部署がなくなってしまいカスタマーサービスに異動になりました。

 

アメリカにいたら「よくある」な出来事だとおもいますがこんなことに陥ったらこんなことができるかもしれない、と選択の一つとして参考になればうれしいです。

 

この記事はこのような方におすすめ

  • アメリカで働いてるんだけど職場に不満がある
  • 不満がある中なにが自分に出来るのか考えている方
  • アメリカのカスタマーサービスの現場感について興味ある方

 

職場の不満①:カーブサイドピックアップの排気ガス→頭痛

https://img.ic-static.net/s01APjxxEpRkFahg_yrI5JNBRvE=/695x0:2981x1200/1200x630/VGM/ENG_-_3680x1200_ua1TxLY.png

コロナ後、仕事にカーブサイドピックアップ(お客の車まで商品を届けるサービス)が追加されました。

 

同僚たちがカーブサイドに来た客を普通にガン無視するので(やりたくない仕事なので)なんとなくその場にいる私がいつも担当するようになってしまいました。

 

 

1日8時間フルタイムのシフトでカーブサイドをして半年過ぎたころ、なんだかその場(車が大量に待っている場所)にいくと頭痛がし始めて気分が悪くなり「これやばい!!」と思いレセプションの同僚に相談・・

 

★軽い頭痛とかは前からあったのですがこの日はあきらかになんか違う感じの体調不良になってきたので恐怖しました。。

 

「私、具合が悪いんだけど誰に相談したらいいのかな?」

と聞いてみることに・・

 

「OH NO! 今日の店内責任者にはなしてみなよ」

 

というのでその日はその店内責任者に

 

「具合が悪いです。おそらく排気ガスのでせいだと思うの。このままここで仕事できません」

 

ととりあえずそう伝えるとその担当者がカスタマーサービスのトップマネジャーに連絡してその彼女が直々に私に「だいじょうぶ?」と聞ききてその日は

 

「頭痛がするのでカーブサイドの仕事はできません」

というと

「わかったわ!じゃ今日はレジをお願いね」

 

ということになりました・・

 

職場の不満②:チームワークのなさ(さぼる同僚)

そもそも、私一人でノンストップでくるカーブサイドの客を対応している時点で現場がおかしいのです。

 

なぜ「ノンストップ」で客がくるのに、忙しいのに手伝ってくれないのだろう??

 

同僚たちが忙しいならまだ理解もするけど「おしゃべり」してるだけなのです・・

 

「なんでカーブサイドしないの?」と聞けば「これはあなたの仕事」みたいに言わるし・・

 

「いや、違うだろう・・・」これはかなり不満爆発要素!

 

アメリカのよくある!らしいのですが、結構仕事しない人たちがいます・・

 

ほんと現場にいて携帯触ってるだけとか・・よく消えてしまう人とか・・休み時間から戻らない人とか・・・

 

個人プレーのレジとかだとそれは気にならないのですが、チームワーク必要な現場だといるはずの人がいないのはかなりストレスになります。

 

だって、その分やること増える、休み時間も遅れるし・・とね

 

職場の不満③:上司たちの対応

この頭痛、一酸化炭素中毒みたいなものかなと思いました。。かなり空気の動かない場所でこのサービスを行っているのです。

 

それも上司に伝えるも翌日からもとのカーブサイドの仕事場へ戻される・・「具合が悪くなるからできません」とその場にいる上司に話すとその日はとりあえずレジをする。

 

「理由はともあれ、今人がいないからあなたをそのポジションから動かすことはできないの」と上司①

 

体調が悪くなるのって言ってるのにそれはおかしいだろ!

と上司②と上司③へ相談にいく(カスタマーサービス部は上司がたくさんいる)

 

上司②も③も「今人いないから動かせないし、もしそうなら医者にいってノートをもらってこい」とか・・

 

「ありえん!」

と思い、今度は違う部署の(元)上司へ相談

 

「わかった、じゃどうにかしよう!医者からのノートなんていらないと思うよ」

 

と、その元上司がカスタマーサービスのトップとストアマネジャーに掛け合ってくれました。

 

それでも彼ら(カスタマー上司たち)がのらりくらりと対応を濁すので

 

「だめだった・・次はだれに相談したらいいの?」

とまた元上司へ相談にいくと

 

「じゃHR(人事)だね」と人事に元上司がメールをしてくれました。

 

そのメール以後、彼ら(カスタマーサービスの上司達)の態度が激変して、その現場から私は無事離れることができました。

 

この間、約2週間かかりました。毎日職場に行くたびに相談した感じです(相談→レジに移動)

 

元上司のおかげですね。私の言葉(平の一社員)は軽く扱われるけどHRにこの件がいったらまずいと思ったのかな?

 

しかし彼らカスタマーサービス上司達にたいする私の信頼は撃沈です!

「あー守ってくれないんだー」と・

私がとった不満への対応

こんな上司たちのもとで働きたくない!安心して働けない!と思った私はそうそう社内ホームページから他の部署へ異動できないかチェックをはじめました!

 

なにをするかより「条件がとりあえずあう」ものが出た時点でそうそう申し込み開始!

 

私は高学歴とかではないので「高卒くらいでとりあえず販売の経験が1年以上ある」ーとかいう平凡な案件です。

 

同じ社内でもまた履歴書から送り直しです。

 

履歴書を送ったら後日面接の連絡がきて面接を受けて受かったら採用という流れでした。

 

面接が受かってから本部から時給がいくらになります、この話受けますか?みたいなことを電話で言われました。

 

正直、時給は下がるんじゃないかとおもったのですが1ドルUPと聞いた時は嬉しさ倍増でした(笑)

結果

結果オーライで来月から新しい部署で働くことになります。

 

ほんとアメリカは人によって対応が違ったりするので、ほしい結果が出るまであきらめず、いろんな方を味方にしていきましょう!

 

筋さえ通っていれば誰かしら援護してくれるとおもいます!

 

大切なあなたをあなたがしっかり守ってあげてください❤

スポンサーリンク

-アメリカ生活

Copyright© ひかりUSA ブログ(アメリカ人と結婚そして国際離婚後のアメリカ生活ブログ) , 2021 All Rights Reserved.