アメリカ生活

【アメリカ医療】脳震盪の後:CTスキャンとファミリードクター(Primary Doctor)

  1. HOME >
  2. アメリカ生活 >

【アメリカ医療】脳震盪の後:CTスキャンとファミリードクター(Primary Doctor)

前日息子が脳震盪をおこし、医者にいったらCTスキャンが必要というので専門施設にいってきました。

この記事はこのような方におすすめ

  • 脳震盪を起こした後はどんなことが待ち受けてるのか?
  • アメリカで脳震盪を起こすとどんな感じで医療が施されるのか?
  • アメリカ医療保険の対応例に興味がある方

 

 

ファミリードクター(primary doctor)から医療専門施設へ

ファミリードクターのオフィス(診察所)にCTスキャンなどとれる機械がないのです。

なので専門施設へ・・

 

【体験談】アメリカで脳震盪を起こして医者にいったら・・

続きを見る

 

そのファミリードクターが先に私の医療保険会社に「CTスキャンをこの患者がここでします」と連絡するようです。

 

場所はいくつかあって自分の家から近いところを選びます。

どこが近いの?と事務の方とのやり取りになります。

 

場所が決まったら事務の方が予約をいれてくれました。

「〇〇ドクターの患者の〇〇がCTスキャンをうけにいきます」と

 

そのあと情報をその専門施設に送るようになっているといっていました。

アメリカの医療保険会社から手紙

数日後に医療保険会社から

「CTスキャンの保険認定がおりました。でもそれ(CTスキャン)以外のことをすると保険ではカバーしませんよ」

といった内容の手紙が送られていきました。

 

とはいえ、金額はまだ知らされていません。

アメリカ専門医療施設

紹介所みたいな用紙をもって専門施設へ行きます。

(👆の写真は機械のある前の待合場なので人いない)

 

そこはCTスキャンのほか レントゲンなども取り扱っているようで患者でいっぱいでした。

 

問診を記入して10-15分くらい待ったあと、名前を呼ばれてCTスキャンをとりました。

5分かからない感じで終わりました。

早かったです・・

 

結果は25-30分くらいでわかるからここで待ってみる?と聞かれたのですが

「結果に問題があったら連絡もらえますよね?」

と確認して

「はい、問題があれば連絡がいきます」

とという返答だったので「なら・・」と’いうことでその場は帰りました。

 

当日のお会計はなし・・・

後日請求が来る予定となっているようです・・(怖)

ファミリードクター(primary doctor) フォローアップ

CTスキャンの3日後くらいにファミリードクターから連絡がありました。

「CTスキャンの結果は異常なし」とのこと・。。

 

フォローアップでまた診察に来てくださいというので行ってきました。

問診と軽い身体チェック!

 

特に問題なし、ということでOK!

良かったです。

 

で、よくないのはここから・・・費用です!

医療保険会社から前回の処置についての手紙がきて「この項目は医療的に必要な処置ではないから払いません190ドル」という内容

とりあえず、CTスキャンと血液検査の結果をもらいドクターに聞いてみました。

(CTスキャンは文字だけの結果報告・写真が欲しいなら専門機関に行ってくださいということでした)

 

血液検査は全額保険でカバーされるって聞いたんですがこんな手紙がきました。
あ、これだ、ビタミンDのテストですね。これ大事なんだけど保険会社は大事だと思わないんですよ。

でも今回の結果で〇〇(息子)はビタミンDが足りてないことが分かったからそのことをこの結果と一緒に伝えるといいです

 

え?え?

ということでまた保険会社とやり取りになります。

 

保険会社の項目をみると「医療に不必要な処置をする場合はドクターは患者に同意をとる義務がある」と書かれています。

私はドクターから「必要な処置」と聞いたので交渉ポイントですね・・・

 

一発でできるかなー・・

今日は疲れたのでまた次回保険会社に連絡してみます。

 

ちなみにフォローアップ代はCO-PAYの25ドルだけでした。。ホッ・・・

スポンサーリンク

-アメリカ生活

Copyright© ひかりUSA ブログ , 2022 All Rights Reserved.