アメリカ生活

【アメリカ生活⑮】おすすめステインレスフライパンや調理器具5点(5ブランド)金額の高いもの、口コミの良いもの、軽いもの、お手軽価格なもの バラバラに購入→実際の使い心地の差!

  1. HOME >
  2. アメリカ生活 >

【アメリカ生活⑮】おすすめステインレスフライパンや調理器具5点(5ブランド)金額の高いもの、口コミの良いもの、軽いもの、お手軽価格なもの バラバラに購入→実際の使い心地の差!

安いステインレスと高いステインレスの調理器具何が違うの??これがステインレスを買う前の私の最大の疑問でした。

この記事はこのような方におすすめ

  • 同じステインレスと書いてあるのになぜ重さがみなちがうのか?
  • 高級ブランドはなぜそんな高いのか?
  • 安い製品は大丈夫なの?

ステインレスのクッキング器具をそろえようと思って最近色々しらべてました。

 

そこで色々アマゾン口コミなどを比べながら、会社があればそのサイトをみながら色々安いもの、高いものくらべていました。

 

その結果、私なりに持論をもったので金額の高いもの、口コミの良いもの、重さが軽いもの、お手軽価格なもの、と5点を実際選んで購入してみたのでその使い心地を紹介していきます。

 

★使い方はYouTubeで学びました。はじめフライパンを中火で温めてから使うなど・・

①All-Clad((口コミもよく)金額の高めなもの)

Best Stainless Steel Cookware Brand”といわれる抜群の口コミのアメリカ製ブランド! (日本では倍の値段をつけているサイトがありました)

 

D3とはコーティングがステインレス、アルミ、ステインレスと3層になっているといった意味らしい。

(ちなみにアマゾンで購入しました)👇All-Clad D3 Fry Lid, 10 Inch Pan, Dishwasher Safe Stainless Steel Cookware, Silver, 10-Inch

これのレベルアップ版が5とか7とかあるらしいけど値段がさらに高い)

 

商品は思ったより軽くてビックリ(アルミを中に入れることで軽くなる+熱の伝導も早くなるらしいです)

 

でも底はずっしりしてたたくと「コンコン」と硬い音がします。

 

使ってみると、野菜のおいしさ、卵のおいしさが格段にUPしました。

 

正直、え? フライパンでこんなに違うの?? というレベルです。 これは買いです❤

写真👆 目玉焼きのくせにすごい美味しい!卵、フライパンにはくっついてないし、私、料理上手かと最高に錯覚します!

 

★最高に気に入りすぎて最近奮発してこのブランドの5層のプライパンを購入しました。レビューは次回に・・

②Farberware(口コミのよいもの)

Farberware Classic Stainless Steel 1-Quart Covered Straining Saucepan, Silver

重くない小さな鍋です。 2人用の味噌汁用やミルクをあっためる時に使うかな?と・・

 

なんかコロンとしてかわいい感じですね。

まだ味噌汁用くらいしか使っていないのでそんなに驚くほどのレビューはないです。

 

③IMUSA(重さが激軽いもの)

とても軽いです。アルミ製ではないか?と疑ってしまくくらい軽いです!!(調べてしまいました・笑 )

アルミのようだけどアルミよりは色が銀色。インド製、カレーがよくのっているあのお皿のような感じです。

 

アマゾンでもこんな感じで売っていますが ディアバーグのほうが安い!!10ドルくらいで購入しました!

パスタ茹で用に購入(大量にスープとか作る時もいけるはず。日本の給食室のポットを思い出しました)

 

今まではパスタポットが重かったので、その半分の深さのポットで代用してパスタを半分に折ってゆでていたのでまっすく麺を入れれることに感激!

 

水の量は増えたのにお湯の沸く速さは今まで使っていた半分の深さの鍋と同じくらいでいい感じです。

 

④David Burke stainless steel (お手軽価格)

TJ- MAX(アメリカでよくあるお店)で購入です。大きさはpan 12 1/2inchで結構大きいです。29.9ドル(元の値段は40ドルくらい)

アマゾンでみるとこの大きさだと50ドル以上から(ターゲットだと40ドルくらいでありました)

 

この大きさでステインレスだとかなり重くなると思って「うーん」と考えていたのですが重くないのがここにありました!

 

理由は鍋底がそんなに厚くないようです。

 

あまりに重いと扱うのに大変なのでここは内部のテクノロジーよりも重さを考慮してこれでOK!

 

主にフライドライスなどの炒めもの用なのでそんなに鍋底は厚くなくてもいいかな、という感じです。

 

使いかってもパスタ(2人分)を作ってみたのですが、先に火で熱してから油をひいて食材を炒めていけばいいだけです。

 

大きさも十分で使いやすく洗うのも簡単です。

 

していえば、前のフッ素樹脂加工のフライパンの時より野菜の味がする気がします。

 

気のせいですかね・・

 

⑤ROYAL QUEEN (YouTubeで見てよさそうだったので)

これはYouTubeで使っているのをみてよさそうだったので選びました。

 

野菜を無水で料理できると!!

 

予算オーバーだったのでこれは中古で購入、EBAYを利用しました。

 

これ日本でもマルチ商法?で売られているらしいのですが商品はなかなか良いようです。

 

そこから購入するとセット価格で30万とかするらしいですが、中古で買えば値段は色々ですがそんなにしません。

 

もともとアメリカ製らしいのでこちらのサイトでも数点ありました。

 

あこがれの5層鍋!(ステインレス、アルミ、ステインレス、アルミ、ステインレスとなっているらしいです)

 

重さもそんな重くなく、使い心地は評判通りいいですね。

 

しっかりとなべ底は厚い金属になっているのですが鍋が小さいので5分くらいあっためれば焦げ付かずお料理できるようになります。

 

野菜の無水料理はまだ失敗中ですが、モヤシ炒めのシャリシャリ感が変わりました!!

 

これだけでもかなりの感激度高いです!!

 

評価(持論)

ステインレスは薄いと軽くなるし、値段も安くなっているのでは?と思いました。

 

重い分、中に熱伝導用にアルミが入りコーティングされていてその厚みの層や比率なりで値段や重さも変わってきてるのではないかと思いました。

 

使う頻度や用途によって目的別に選んでいけばステインレス調理器具とも末長く仲良くやっていけると思えてきました!!

 

ステインレスは重いし扱いがめんどくさいと思っていままで避けていたのですが、軽いステインレスもあることがわかり用途別に使い分ければ「私、お料理上手」かと錯覚するくらい(笑)使いやすくていいなーと気に入りました!

 

スポンサーリンク

-アメリカ生活

Copyright© ひかりUSA ブログ(アメリカ人と結婚そして国際離婚後のアメリカ生活ブログ) , 2021 All Rights Reserved.