アメリカ猫糖尿病

[猫の糖尿病②] 猫君の闘病生活スタート!Prescription Food、インスリン注射 !動物病院の費用、今後の展開など~

  1. HOME >
  2. アメリカ猫糖尿病 >

[猫の糖尿病②] 猫君の闘病生活スタート!Prescription Food、インスリン注射 !動物病院の費用、今後の展開など~

はじめに・・

うちの12歳の猫が先週動物病院に行き血液検査の結果、糖尿病と診断されました。

前回のお話👇

[アメリカの動物病院①] 猫(動物)を Veterinary hospital/Animal Hospital に連れていきたい時の探し方、費用やペット保険について

 

アメリカで猫の糖尿病生活スタート

うちの猫君が「糖尿病」と診断されてしまいましたので、長期戦のシリーズに突入です。。

 

私も「糖尿病」とは初めての出会いなので、今後色々勉強していこうと思います。色んな考えがあるかと思いますが個人的な思いと体験をつづっていこうと思います。

 

ちょっとした情報が誰かの役に立てばうれしいです。

 

Prescription Food/ On Line Shop 糖尿病猫の食事療法

まず、動物病院のドクターに言われたことは「食事療法」です。

 

「Purina DM 」という糖尿病猫用のご飯、 wet とdryを推薦されました。これめちゃくちゃレビューいいです!

 

価格は24缶で54.99ドル、ドライフードだと6LBで42.99ドル。。つまり月食事代がだいたい60ドルくらいになるってことですね・・

 

このご飯だけで(とくにウエットフード)インスリンがいらなくなったとかレビュー多いので希望が見えてきます!!

 

このフードは病院の処方(prescription)がないと買えないようですが(なんででしょう?)色んなオンラインショップでもアマゾンでも取り扱いしています。

 

オンラインオーダーだと購入するときに病院からのprescriptionを添付してください、と出るのでそこに添付するだけです。(糖尿と診断された時点で動物病院に行っていると思うのでその病院にprescriptionくださいと伝えるとくれるはずです)

 

病院よりオンラインのほうが安いと思って色んなサイトをみて「Chewy」にしました。値段はアマゾンや他のオンラインショップと同じですが、この「Chewy」・・

 

なんかウェブサイトからペット(動物)に対する愛があふれているように感じます・・対応もすごくいいです。常にどんな状況かメッセージくれます。49ドル以上の注文で送料無料(このご飯高いので余裕で条件クリアです)

 

それに、驚きの翌日配達(HPには1-3days shippingと書かれています)!!!めちゃくちゃビックリしました!!これはそこそこ重いので病院で買うより便利です!!かなりおススメです❤

 

インスリン注射 ランタス1本 お値段340ドル!!

あとはインスリン注射です。 インスリンはWalmart (内の薬局)で購入すると安いといわれ動物病院からもらったprescriptionをもってそこに行きました。

 

高いです!!インスリンの小さなビンが340ドル!!!その場でビックリ興奮して鼻血がでるかと思いました・・

 

なんかちょっと前までは100ドルくらいだったらしいのですが、今はそれが500ドルになっていたようです。薬局からドクターに連絡がいき、その金額にビックリしたドクターから電話をうけて、相談をした結果この340ドルのインスリンになりました・・・

 

実はもうひとつ選択があって、もう少し安い(100ドル程度の)インスリンがあるらしいのですが効き方がちょっと違うようでドクターはこちらを進めていました。

 

にしても高いです!Walmartの薬局で「一回開封したら35日以内に使ってくださいね」といわれましたが動物病院のドクター曰く「人間だとね。でも動物なら3か月は大丈夫」とのことでした。。

 

いつまでこの金額がかかるんだろうーーーと数字が頭の中をグルグル・・・・とりあえず、今できることをやっておこう!と今日にフォーカスしてその場を乗り切りました!!

 

インスリンを購入したあと病院にまた予約をとり、注射の打ち方の練習をしにいきました。丁寧なドクター、練習はNOチャージ(無料)。。いい病院でよかった・・・・

 

2021年3月現在、インスリン劇高です!!噂ではバイデン政権になってインスリンの値段が爆上がりしたとか・・・バイデン色んな意味でヤバイデン・・・

 

アメリカのペット保険どうした?

まだ結果なしです。。ペット保険、Natiowideにはいっています。レシート、診断書等送り付けました。ただいま審査中らしいです。

 

ほんとうにカバーされるのか?(過去に医療保険でカバーされると確認したのに、やっぱりこれは保険外だったと2年後に約800ドルの請求がきたことがあります。以来常に疑うアメリカ機関・)・・・ハラハラドキドキです・・・次回アップデードがありましたら報告します・・

 

おわりに・・

次回は10日後に血糖の様子をみるため病院に半日ステイの猫君です。費用は150ドルくらいとか??涙・・

 

アメリカでもペットにそんな費用かけれないと見捨てる飼い主も多いと聞きます。。私の元夫も犬がいたのですが犬が病気になったとき2500ドルとか言われて、犬にそんなに払えないと病院にいったら300ドルくらいになったそうで、無理なら費用は相談できるようです。

 

日本でも私、母の犬が虫歯になったとき3万円くらいと言われたので母が私に値切れというので「そんなに払えません」といったら半額くらいになりました。高額の処置の場合は日本でも交渉できると思います。

 

今週はコロナの支援金(stimulus)が1400ドル受け取れるので大助かり!!!!!闘病生活 頑張ります!!

 

[アメリカの動物病院③] 糖尿病猫の闘病生活 今後ひと月の費用目安約320ドル? 1日2回のインスリン注射と食事療法 10日後初めての半日入院(血糖値曲線の検査)今日の代金は約160ドル!

スポンサーリンク

-アメリカ猫糖尿病

Copyright© ひかりUSA ブログ(アメリカ人と結婚そして国際離婚後のアメリカ生活ブログ) , 2021 All Rights Reserved.