アメリカ猫糖尿病

[猫糖尿病⑤] 猫君150ドルで血糖値を2週間スキャンでチェックできる機械を設置する(FreestyleLibre14days)

  1. HOME >
  2. アメリカ猫糖尿病 >

[猫糖尿病⑤] 猫君150ドルで血糖値を2週間スキャンでチェックできる機械を設置する(FreestyleLibre14days)

はじめに・・・

この記事はこんな方におすすめです!

  • 糖尿病と診断された猫がどんな検査をしていくのか?
  • 糖尿病猫にかかる色々な費用のことが知りたい!(通院5回目の今回は150ドル)
  • 糖尿病患者がつけるグルコース測定器「FREESTYLEリブレ」(実は人間用)を猫が利用することに興味がある方!

うちの12歳の猫君は先日糖尿病と診断されました。それ以後色々おこる出来事をづつってます。。

👇ここから物語はスタート

[アメリカの動物病院①] 猫(動物)を Veterinary hospital/Animal Hospital に連れていきたい時の探し方、費用やペット保険について

本日の通院目的① 血糖測定器「FreeStyleリブレ」の装着

前回うちの猫君は病院で半日入院で血糖値を測る予定でしたがとても機嫌が悪く(激怒しまくり)ドクターからむかえにきてくださいと電話をもらうことに・・

 

ご機嫌斜めすぎると(ストレス+興奮しているということで)血糖値の測定が正確にできないので家でてきる方法をドクターに提案されました。今回はそこからのお話です。

 

👇前回の測定器を買うところのお話です。

[アメリカ動物病院④] 糖尿病猫の血糖値曲線の測定 Glucose Test(1回41ドル)半日入院予定→猫君激怒して2時間で帰宅!血糖測定器購入 FreeStyleLibre14day 約100ドル

 

前日にドクターから「FREESTYLEリブレ測定器のアプリを携帯電話にダウンロードしてきてください。あと猫君の興奮を抑えるために前回処方したお薬を飲ませてから来てください」連絡がありました。

 

このお薬・・睡眠剤のようなものでご飯に少しまぜただけだったのですが、猫君かなりまったりしておとなしくしてました。色んな意味で薬の力ってすごいんだな、と感心しました。。

 

まず今日はドクターが猫君にその測定器を装着しました!ささっと控え室に猫君を連れていき毛をそり、数分後その500円玉くらいの機械を右肩下あたりにつけた猫君が戻ってきました。(上記の写真がその様子です)

 

測定器には小さな針がついているようなのですが猫君は痛みを感じることはないだろう、と・・(ほんとかな?)

 

そこで私の疑問 → ドクターの回答

これとれたらどうするの?

連絡ください

シャワーとかぬらしちゃってもいいの?

ぬらさないでください

今日は測定するの?

今日は慣れてください。明日は朝インスリンを投与する前に一回測定をして、その後は2時間おきにお願いします。

今後も2時間おきなの?

8時間おきの測定予定ですが・・月曜日に連絡をするのでその週末の結果をみてから決めていきましょう!

と、とりあえずこんな会話が行われ、そのあと機械の使い方の説明・・・・

本日の通院目的② 血糖測定器「FreeStyleリブレ」の使い方の説明

FreeStyleリブレは、血糖の推移や変動パターンを簡単に知ることができるグルコース測定器です。(「リブレ」のAbbottさんより)

 

ドクターがこれには「アプリ」があるということで、つまり携帯電話からでも測定ができるということなのです!!(文明すごい)

 

スマートフォンなら間違いなく作動できるらしいのですが、私のは格安アンドロイド!!!

 

本来はそれでもできるようですが、私のにはドクターがいうFREESTYLEリブレのアプリが見つからなかったので付属でついていた(購入した)機械を使うことになりました。(上記の写真がそれです)

 

ちなみに前日私がダウンロードしたアプリはFREESTYLEリブレと名前も一緒なのになんか違うアプリだったみたいでした・・なんか似たような名前のアプリ多かったし・・ってでもそんな同じ名前の違うアプリってあるのでしょうか??紛らわしすぎ!!

 

FREESTYLEリブレの機械はドクターが病院で操作を開始しました。(タップするだけ)開始したらその猫君のチップと連動するためチップをスキャンすると「60分後に操作可能になります」のようなメッセージがでて完了

 

私の場合、携帯が使えなかったので家に帰ってからFREESTYLEリブレ測定器を専用のコード(箱の中に入っている黄色いコード)でパソコンに接続しました。

 

といってもパソコンからFREESTYLEリブレ測定器の「アカウント作成」というウェブサイト「Create A LibreView Account」(にいってそこでアカウント登録をして、病院からもらったコードを張り付けるだけです。

 

していえばFREESTYLEリブレはウェブサイト多くてどこでなんのアカウント作れるのか少し迷いました・・

 

そうすることで連動しはじめ、スキャンした情報がドクターにも瞬時にシェアできるというのです!(おそらく携帯だとこのコードでパソコンに接続する手間が省けるのだと思います。。。)ほんとすごい!

 

 機械同士が情報をシェアできるといちいち私が測定値を書いてドクターにメールでおくらなくても済むとういう利点があるのです!

 

 

本日の動物病院の費用 150ドル

本日の費用は150ドル。これで今後2週間ドクターを連絡しあえる(追加料金なし)ということらしいです。

 

とりあえず、今回のFreeStyleリブレにかかった費用は前回の測定器代の約100ドルと今回の150ドルで合計250ドル

 

うーん・・・とりあえず、様子見でできることはやってみたいとおもってます。

 

知らないことにはなにが必要なのかも見えてこないし。。。未知の境地です・・・

 

FreeStyleリブレの使い心地+猫君の様子

FREESTYLEリブレの使い方はチップをスキャンするだけ(ボタンを押すだけ)でOK!めんどくさいのは上記最初の設定(登録など)のみのようです!簡単すぎて面白いです!! 

 

なんか上記のように色んなことがわかるみたいですすごいです!(もっといろんなデータがみれます)これなら半日入院で160ドル払って「大丈夫です」と一言いわれるだけよりずっといいと思います!

 

猫君はチップをみて「なんかついてる?」と気にしてます。。ぎりぎりとどく・・?なめれる感じです・・ま、しばらく慣れてもらうしかないですけど。。。

 

おわりに・・・

で、ペット保険はどうなってるのかいうと・・まだPENDINGです!!・・・今日も追加で申告しましたが・・どうなるのか・・

 

次回の話👇

[アメリカの動物病院⑥] 猫君、グルコース測定器の結果「インスリンSTOP」許可がでる!→インスリン止めたら低血糖50を下回りはじめる→モニターの不備?

スポンサーリンク

-アメリカ猫糖尿病

Copyright© ひかりUSA ブログ(アメリカ人と結婚そして国際離婚後のアメリカ生活ブログ) , 2021 All Rights Reserved.