アメリカ生活

【アメリカ生活/トラブル】車の警告ランプを消すためにレクサスのディラーへ!空気圧センサーを交換👉高額の約1000ドル!!涙・・・

  1. HOME >
  2. アメリカ生活 >

【アメリカ生活/トラブル】車の警告ランプを消すためにレクサスのディラーへ!空気圧センサーを交換👉高額の約1000ドル!!涙・・・

こんにちわ。昨日仕事の帰り道、突然のように車の「警告ランプ」というものが点灯して一瞬にして恐れおののきました!!

 

「なんかサインでた!でも意味がわからない!! 急いで家に帰るべし」ーーーと飛ぶように帰りました(途中で止まりませんようにと心の中で祈りながら・・・)

 

この記事はこのような方におすすめ

  • アメリカで車を運転している方→ 気休めになるかもしれません
  • アメリカのディラーでの空気圧センサー交換した費用を知りたい方→(1つ350ドル4つで1200ドルと言われる)
  • そもそも空気圧センサーって必要なんですか?と疑問に思った方

車の警告ランプ

みなさんは警告ランプの意味知っていますか? 私は正直あまり知りません。(随時覚える派)

赤だと「今すぐヤバい、路肩よれ」、黄色だと「はやめにどうにかしたほうがいい」と知りました。オレンジっぽく見えるこれは??なんですけど・・

 

突如現れたこのサイン、家について調べると「空気圧が低くなっている」ので①タイヤに空気を入れる、②パンクかもしれない、と車のマニュアルに書いてありました。

 

夜だったので暗闇の中見てみる限りではパンクではなさそう。見た目普通・・

 

じゃ、明日空気いれてみよーといったん部屋に引きこもりました。

 

次の朝 タイヤに空気をいれても(自前空気入れを持ってます)サインが消えない・・・

 

これは困った、ととりあえず仕事に連絡をして休み、ディラーに予約を入れる。

 

そこまで運転・・できるだろう・・見た目は普通だから・・??

 

祈りながら20分くらい運転してディーラーに無事到着。

 

ディラーの対応 → 高いけどいつも感じいい

さっそくチェック、簡単な空気圧ってことではないらしく、

どうやら、タイヤについてるセンサーが働いてないらしいです。その原因を調べるにも99ドルかかりますが・・。

 

放置できないのでGOサインで待つこと1時間、

 

タイヤの空気圧を測るセンサーのひとつが壊れているとのことです。交換すると350ドルくらいかかります。

 

高いな、と驚いてるのにさらに追い打ち

 

ひとつがこのようになるということは他のも動きが悪くなるかもしれませんね。もし今一緒に換えるなら1200ドル(300ドル×4)にしますよ。また動かなくなったと一回一回こちらに来られると毎回 調べる時間や工賃もかかってしまいますしね。

 

まあ、それはそうなのよね・・中古で買った2012年モデルで私は3年乗ってるけどその前のオーナーは換えてなかっただろうし・・・

 

電池はどれくらい持つんですか?タイヤを換えるたびにまたセンサーも交換しないといけないのですか?
と聞くと・・・

 

大丈夫ですよ。通常は7年から10年くらい持ちますよ。

 

なら・・・この車を手放すまではいけそうかな・・と決心しました・・

 

 わかりました。ではでは・・・いくらかまけてもらえますか?? (100%にこ笑顔)

 

うう・・・わかりました。10%オフで。。。

 

税込みで千ドル以下になりますか???

 

というやりとりで合計978ドルになりました!! (高いけど少しマシ)

今回の空気圧センサー(4つ)交換費用 →979.74ドル

👆の会話の後、約2時間後くらいに作業が完了しました(トータルで3時間くらい待ちました)

よくわからない表ですね・・工賃とパーツ代で969ドルっていうのはしょうがないんだけど、less insurance なんでしょう? でもそれは支払ってないので、ま、いいか・・

labor(工賃)はディラーなので高いのは仕方ないとして・・ひとつ小さいセンサーのが114ドル(ボッタくり感有)やっぱりパーツも高いですねーー

空気圧センサーは交換しないといけないものだったの?

👆センサーはこのようなものらしいです。

 

待ち時間中、ほんとにこの作業は必要だったのか?調べていたのですよね。日本語で!!!(レクサスなのでいいだろうと)

 

結論は警告ランプを消すには必要で、消えないと日本では車検に通らないとか・・・

 

アメリカの場合はどうなるのかな?と思ったのですがいずれ売る時がきたらこれじゃ売れないかもしれないしーとか思ったんですよね。

 

いずれ直すなら早く直しておいたほうがいいし・・・自分のためにも・・

 

本来は自分てタイヤの空気圧とかチェックするのだから(あまりしてなかったけど)なくても大丈夫だとは思います

 

昔の車にはなかったものですしね。

 

とはいえ、多くの人がタイヤの空気圧に気が付かなくて事故るからアメリカは義務的に今はセンサーが付いたタイヤの車になっているとか??(ほんとかな??)

 

日本のツワモノ達(自分でいろいろできる方)は自作のセンサー消し装置なるものを1000円くらいで作ったりしてる記事を読みました。

 

空気圧センサーなんて、ありがたいけどこんなに高額ならなくしたい気持ちわかります!!!

 

日本では空気圧センサーのパーツは一つ6000円(4つで24000円くらい)くらいからオンラインで購入できるらしいです。ディラーで購入すると1万円(4つで4万)くらいになるといっている記事が多かったです。

 

空気圧センサーをディラーで(4つ)交換すると工賃入れてもだいたい7万くらいらしいです。(あれ?アメリカより安いじゃん??)

 

ディラー以外でもう少し安く装着できないか?というのはセンサーを登録する機械があればできる、ということらしいですが、よくある機械ではないようなのでだいたいはディラー行になるそうです。

 

 

センサーの登録の仕方など書かれているブログもありましたが私にはさっぱりわかりませんでした!!

 

 

自分でできない、知らない、とはお金のかかることだなーと痛感中です・・・・

 

他の車の話編👇

[アメリカ生活⑫] アメリカで車のオイル交換はディラー?”Jiffy Lube”? "Valvoline" ?どこが一番いいの?金額は50ドルから80ドル!

 

では次回のストーリーで!

★この2日後、タイヤの空気が抜けるという事件がおきました・・👇ディラーに不信感・・・

【アメリカ生活/トラブル②】アメリカでタイヤがパンクした時の対処の仕方→保険屋の対応→修理屋ORディラー?

スポンサーリンク

-アメリカ生活

Copyright© ひかりUSA ブログ(アメリカ人と結婚そして国際離婚後のアメリカ生活ブログ) , 2021 All Rights Reserved.